駐在妻にUSCPAが断トツおすすめな理由を海外駐在員が解説!

Thumbnail-expat-wife-uscpa

 

「夫の海外赴任で外国で生活をしています。USCPAに興味があるのですが、自分に合う資格かわからず勉強を始めるか迷っています。」という駐在妻の方に、

「USCPAが断トツおすすめな理由」をイギリス駐在員の筆者が解説します。

 

駐在妻は数年間の仕事ブランクがある

h2-business-blank

 

夫の海外駐在が終わって帰国したら、

日本で再就職を考えている人もいると思います。

 

しかし、仕事にブランク期間があるのは転職に不利です。

 

一般的には6か月以上のブランク期間があると、

長期の休暇で仕事感覚が鈍っているのでは

と転職の際に疑われてしまう可能性があります。

 

夫の都合で海外赴任についていき、

知らない土地で生活するのは大変だったにも関わらず、

再就職でまた大変な思いをするのは正直つらいですよね。

 

そんなとき、USCPAのような知名度のある資格があると安心です。

USCPAを保有していると「英語で会計が理解できる人材」として、

有利に転職活動を進めることができます。

 

実際にUSCPA合格者向けの特別な転職オファーは存在します

転職成功事例の記事を読んでいただければ、

多くの実績が出ていることが確かめられます。

 

未経験であっても、40歳未満の若い人材であれば、

企業がポテンシャルを買ってくれる可能性は大いにあります

 

USCPA合格者は日本で年間数百人と推定されているので、

転職市場で希少価値があり幅広いオファーがあるのだと思います。

 

駐在妻生活は長いと5年~10年にも及びますよね。

「そのブランク期間に何をしていたか」は面接官から必ず聞かれる質問です

 

USCPAの勉強をしていた。」ということであれば、

仕事へのやる気や熱意、本気度を理解してもらえるでしょう。

 

「帰国後は会社の事務員として働きたい」と思っている駐在妻の方には、

今からUSCPAの勉強を始める価値は大いにあると思います

 

英語×会計の人材は希少価値が高い

h2-accounting-and-english

 

会計・IT・英語はビジネスの三種の神器と言われています。

この中でどれかが得意な人は多いですが、複数理解できる人は少ないです

 

筆者は日系大企業で働いていますが、周りを見渡しても

会計・IT・英語のうち複数を得意分野としている人はあまりいません

 

USCPAの年間合格者は日本で数百人しかいないうえに、

日本人合格者の女性の割合は20~30%しかありません

 

つまり、女性のUSCPA取得者というだけで希少価値が高いのです。

 

他の人が持っていないような市場価値の高い資格が欲しい。

 

という向上心の高い駐在妻には、USCPAは最適解だと思います。

 

そのまま海外で働ける可能性がある

h2-work-abroad

 

海外で生活していると「ここで働いて生活していきたい」と思うほど、

その国が好きになることがありますよね。

 

もしくは、「夫の会社から異動の辞令をもらって、

こことは別の国で働きながら生活してみたい」と思ったことがあるかもしれません。

 

「パートや派遣でいいから働いてみたい」と思っても、

海外で就職するのはかなり大変です。資格や経験がなければ尚更です

 

英語ができても専門性なし…では採用されるのは難しいでしょう。

 

しかし、USCPAは世界的に認知されたプロの会計士の資格のため、

取得すれば海外で働くチャンスが大きく広がります

 

USCPAはアメリカではもちろんのこと、

国際相互承認協定(MRA)を結んでいるカナダ、メキシコ、

オーストラリア、ニュージーランド、香港、アイルランド、

スコットランド、南アフリカでも「会計士」として働くことができます。

 

現地で実際に採用されるかどうかは個人差がありますが、

USCPAの資格があれば、採用される可能性はグッと上がります。

 

「海外で働く」という選択肢を増やすためにも、

今のうちにUSCPAの資格を取っておくのはおすすめです

 

最後に

いかがでしたか。この記事がUSCPAが気になっている駐在妻の後押しになったら嬉しいです。

 

最後に試験の難易度についてですが、

USCPAは会計初学者でも合格できる試験です。

 

試験を英語で受けるというハードルはありますが、

勉強時間は1,500時間程度で、科目ごとの合格率は50%です。

 

決して簡単な資格というわけではありませんが、

駐在妻がスキマ時間を見つけて勉強すれば、手の届く資格であるといえます。

 

USCPAの試験会場は世界各地にあるので、

そのまま海外で試験を受けて合格することができます。

 

USCPAを詳しく知りたい方は、日本人合格者の3人に2人が利用する

アビタス資料請求やWebセミナーで情報収集するのがおすすめです。【無料】

 

◆関連記事◆USCPA予備校アビタスを受講した感想・評判・口コミまとめ

 

2024年開始の新試験制度、学習開始から合格・ライセンス取得までの流れ、

単位取得、受験条件、試験費用、出題形式までよくある疑問を丁寧に解説しています。

 

Webセミナーでは、資格取得後のキャリアプランや教材の特徴を説明してくれますし、試験出願の条件になっている大学取得単位の診断まで行ってくれます。

 

時間のない人はWebパンフレットを読むだけでもUSCPAの理解が深まります。

 

2023年1月25日

© 2023 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5