実践英会話

【空港の英会話】空港のチェックインから到着までの流れを完全解説【便利な英語フレーズ60選】

2021年3月12日

Thumbnail-english-airport

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「海外駐在員の英会話」シリーズでは、イギリス駐在員(TOEIC 900超)がイギリス人ネイティブから学んだ、ビジネス英語・日常英会話をわかりやすく丁寧に解説します。

実際のネイティブとの会話はもちろんのこと、TOEIC・英検対策にも役に立つ内容になっています

一日10分間の学習でコツコツと語彙を増やし、英語力を伸ばしていきましょう。

空港で役立つ英会話表現

海外の空港でチェックインや遅延などのトラブルに逢ったとき、空港スタッフとのコミュニケーションで上手く英語が話せなくて困った経験はありませんか?

こちらの言いたいことを伝えられても、空港スタッフの英語が聞き取れないこともありますよね。

それはあなたの英語力に問題があるのではなく、空港でよく使われる英語表現に慣れていないだけかもしれません

イギリス駐在の経験から

実際のリスニングやスピーキングに対応できるようになるには、まずは経験値を積むことが大切です。

シチュエーション別にネイティブの英会話を学習することで、相手の受け答えを予想したり、話す内容を事前に準備したりすることができます。

実際のネイティブの表現が最強の英語教材です。それでは早速行ってみましょう!

空港でチェックインするとき

english-airport-h2-1

 

空港に到着したら、まずはチェックインカウンターでチェックインを行います。

初めての空港ではカウンターの場所がわからず迷ってしまうかもしれません。

そんなときは、近くのスタッフに聞いてみましょう。

Excuse me, where is the British Airways check-in desk?
すみません、ブリティッシュ・エアウェイズのチェックインカウンターはどこですか?

チェックインカウンターは、check-in counter/deskといいます。

無事カウンターに到着したら、笑顔で挨拶します。まず初めに、スタッフから行き先を聞かれます。

Where are you flying today?
本日はどちらまで?

次のように最終目的地を聞かれることもあります。

What’s your final destination?
最終目的地はどこですか?

答え方はシンプルで「〇〇に行きます」と言いましょう。

(I’m going to) London.
ロンドンに行きます。

最近はオンラインでの事前チェックインサービスが進んでいます。

その場合、オンラインでチェックイン手続きが終わっているか、聞かれるかもしれません。

Have you checked in online already?
すでにオンラインでチェックインされていますか?
Yes, I have. / No, I haven’t.
はい。/いいえ。

このあたりでパスポートの提示が求められます。

May I have your passport, please?
パスポートをお預かりしてよろしいですか?
Here you go.
どうぞ。

行き先と本人確認が終わったら、荷物の預け入れ(チェックイン)に進みます。

Do you have any bags to check in?
預け荷物はございますか?
Just this one.
この荷物一つです。
Please place your bag on the scale.
荷物を重量計に載せてください。
Of course.
わかりました。

手荷物しかない場合は、No, I only have a carry-on bag.(いいえ、手荷物のみです)のように答えます。

預け荷物は、重量オーバーになっていないか確認するために、はかりに載せるよう指示があります。

placeは「置く」、scaleは「はかり、重量計」という意味です。

万が一荷物が重量オーバーになったら、例えば次のように伝えられます。

I’m sorry but this bag is overweight. The limit is 20 kilos.
すみません、こちらのバッグは重量オーバーです。上限は20kgです。

重量オーバーはbe overweightと表現します。

You either need to take some things out or pay for the excess.
荷物を一部取り除くか、上限を超えた部分のお支払いが必要です。

荷物を捨てられず、上限を超えた部分を支払う場合はHow much is the excess?と値段を聞きましょう。

チケット予約時に希望の席を確保できず、カウンターで席の空き状況をもう一度確認したいときは、次のようなフレーズが便利です。

Could I change my seat? I‘d really like an window seat if that’s possible.
できれば窓側の席がいいのですが、席を変えてもらうことはできますか?
Let me check if there’s another seat available. We can do that sir/ma’am.
他の席が空いているか確認しますね。できますよ。
Excellent. Thank you.
ありがとうございます。

窓側の席はwindow seat、通路側の席はaisle seatといいます。

旅の途中で乗り継ぎがある場合、荷物が直接最終目的地に行くか確認することもできます。

I have a stopover in Hong Kong. Do I need to pick up my luggage there?
香港で乗り継ぎがあるのですが、荷物を受け取る必要がありますか?
No, it’ll go straight to London.
いいえ、荷物はロンドンに直接届きます。

一通り手続きが終わったら、最後に搭乗券をもらいます。

Here are your boarding passes. Your flight leaves from gate A9 and it’ll begin boarding at 10:30. Your seat number is 35A.
搭乗券をお渡しします。搭乗口A9から10:30に搭乗開始です。席番号は35Aです。
Well, you’re ready to go. Enjoy your trip.
手続きは以上です。良い旅を。

チェックインが終わったら、Thank you very muchとお礼を言って、保安検査・手荷物検査(セキュリティー)に移動します。

トラブルが発生したとき

english-airport-h2-2

 

悪天候や飛行機のトラブルなどで、飛行機の欠航や遅延に遭遇することがあります。

日本語でも対応に戸惑ったり焦ったりするので、海外で英語がわからないとパニックになるかもしれません。

そんないざというときに備えて、どのような英語表現でトラブルに対応すべきか学習していきましょう。

まずは飛行機が遅延しているときの表現です。遅延は英語でbe delayedと表します。

I’m sorry but the flight is delayed by at least two hours.
申し訳ございません。フライトが少なくとも2時間遅延しています。

そんなときは、現時点での見積り離陸時間を聞いてみましょう。

So, when do you expect the plane to leave?
いつごろ離陸する予定ですか?
Right now we expect it to depart at 10:30 pm. I do apologize for the inconvenience.
現時点では、10:30ですね。ご迷惑をおかけしております。

フライトがキャンセルになることは稀に起こりますよね。

次のフライトがいつなのか、近くにホテルはあるのかなどを質問できる準備をしましょう。

I’m sorry but your flight has been cancelled due to bad weather.
申し訳ございませんが、ご搭乗予定の飛行機は悪天候のためキャンセルになりました。

「キャンセルされた」は英語でそのままbe cancelledと表現します。

キャンセルがわかったら、あせらずに自分の状況を伝え、次のフライト情報を入手しましょう。

I really need to be in London tomorrow evening. What’s the next available flight?
明日の夜にロンドンにいないとダメなんです。次のフライトはいつですか?
Let me see what we can do.
確認しますね。
We have a flight leaving tomorrow afternoon that I can switch you to.
明日の午後出発のフライトにスイッチできますよ。
What time in the afternoon?
午後のいつですか?
It leaves here at 2 pm and arrives at 5.
ここを2時に出て、5時に着きます。
That’ll be fine.
それで大丈夫です。

フライトを再予約してもらったら、改めて搭乗チケットをもらいましょう。

Here’s a printed confirmation.
こちらが控えです。

近くで宿泊する必要があれば、ホテルがないか聞いてみましょう。

Are there any hotels near the airport?
空港の近くにホテルはありますか?
Yes, of course. If you go to the customer service desk, you can claim a voucher for a hotel and meals.
はい、もちろんです。カスタマーサービスセンターに行くと、ホテルや食事のクーポン券をもらうことができます。

セキュリティを通るとき

english-airport-h2-3

 

保安検査・手荷物検査では、事前に持ち込みが禁止されているものをチェックしておくと、スムーズに通過することができます。

また、検査での流れは決まっているので、どのような指示があるか想定していれば問題なくクリアできるので安心してください。

Do you have any liquids?
なにか液体のものを持っていますか?
No, I don’t.
いいえ、持っていません。

万が一、許容量を超える液体を持っていたら、次のように没収されてしまいます。

I’m afraid we need to take this bottle. Only containers up to 100 ml maximum are allowed.
こちらのボトルは回収させていただきます。100ml以下の容器しか持ち込めないので。

ボディチェックや手荷物検査では次のような指示があるので、よく聞いて従いましょう。

Come forward quickly. Make sure everything is out of your pockets, and please place laptops in a separate tray.
こちらに素早く移動してください。ポケットは空にしてくださいね。また、パソコンは別のトレイに入れてください。

多くの人が並んでいるときは、矢継ぎ早に指示が飛んできます。

「ポケットは空に」「パソコンは別のトレイに」「靴は脱いで(take off your shoes)」などは想定しておきましょう。

ボディチェックは自分の番になったら、次のように指示があります。

Please step over this way sir/ma’am. Stand on the marks on the floor and raise your arms above you.
こちらに来てください。床のマークの上に立って、腕を頭の上にあげてください。

ポケットに何か残していると、機械のスクリーニングに引っ掛かります。

そして、中のものを取り出してトレイに入れるように指示されるでしょう。

Do you have anything in your pockets?
ポケットに何か入っていますか?
Yes. Keys and cards.
はい、カギやカードですね。
Please put them in the tray and come through again.
トレイに入れてもう一度きてください。

問題なくスクリーニングが終われば、進んでいいと合図があります。

You’re all set. Have a nice flight.
終わりました。よいフライトを。

You’re all setは「すべて問題なく終わったので、進んでいいですよ」という意味でよく聞くフレーズです。

セキュリティーをクリアすれば、あとは搭乗時間まで待つだけなので一安心ですね。

飛行機の中にいるとき

english-airport-h2-4

 

飛行機は安全なフライトのために乗客が守らなければならないルールが様々ありますね。

室内アナウンスで指示がありますが、基本的な項目は英語表現を知っておくと便利です。

基本的な室内アナウンス

  • fasten your seat belt(シートベルトを締める)
  • stow your tray table(テーブルを収納する)
  • raise your window blind(窓のブランドを上げる)
  • move your seat back to the upright position(シートを垂直に戻す)
  • stow your luggage in the overhead locker/bin or under the seat in front of you(荷物を頭上の荷物入れ、もしくは目の前の席の下に収納する)

fastenは「(シートベルトなどを)締める」、stowは「収納する」、upright positionは「垂直に」、overhead locker/binは「頭上の荷物入れ」という意味です。

Would it be alright if we put your bag in the overhead locker/bin?
お客様の荷物を頭上に収納してもよろしいですか?
You’re sitting in an emergency exit row. So we can’t have anything on the floor.
非常口のある列に座っているので、床に荷物を置けないんです。
I also need to ask you to make sure your seat back is in the upright position for take-off.
また、離陸に向けて席の背もたれを戻していただく必要があります。
You can recline your seat and take your bag down once we’re airborne.
フライト中は、シートを倒たり、荷物を降ろしても構いません。

入国審査のとき

english-airport-h2-5

 

入国審査では「入国の目的」「滞在先」「滞在期間」などが聞かれます。

落ち着いてしっかりと受け答えすることが大事なので、心配であれば質問に対する答えを用意しておくことをオススメします。

What’s the purpose of your visit?
入国の目的は何ですか?
I have a business meeting.
仕事のミーティングがあります。
Where is the meeting?
どこでミーティングがありますか?
It’s at a city hall in London.
ロンドンの市役所です。
How long are you staying?
どのくらい滞在しますか?
Until Friday.
金曜までです。

一通り質問に答えて問題がなければ、国によっては指紋を取るために右手をスキャンしたり、写真を撮るためカメラを見たりなどの手続きがあります。

Please put your right hand on the scanner.
スキャナーに右手をのせてください。
Now look into the camera here.
それではこちらのカメラをみてください。
Thank you and enjoy your stay.
ありがとうございます。滞在を楽しんでください。

空港で使える英語表現を映像・音声付きで学びたい方は、Easy EnglishのAt the Airportがオススメです。

学習の最後に

h2-review

 

英語力の土台にあるのは『語彙力の強化』です。語彙力を強化すれば、「読む・聞く・話す・書く」のすべての能力が底上げされます。

「塵も積もれば山となる」です。一緒にコツコツ頑張っていきましょう。

ワンランク上を目指す方はオンライン英会話も活用して、英語「スピーキング」の力をパワーアップしましょう。

無料体験できるオンライン英会話を比較したまとめ記事はコチラからどうぞ。

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

今後もビジネス英語・日常英会話・TOEIC・英検で役立つ英語の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この英語はどういう意味?』という非ネイティブならではのお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

 

米国公認会計士わだけん

-実践英会話
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5