おすすめの英語教材

【無料】英語の語彙を増やせるおすすめの学習サイト【英語中級者向け】

thumbnail-learning-vocabulary

 

こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。

 

本日の記事では、「TOEICは高得点、英検は準1級以上持っています。これ以上英語のテストを受験する気はありません。今後は、試験用の英単語ではなく、実際にネイティブが使用する英単語を効率的に覚えたいのですが、いい方法はありませんか。」という社会人の疑問に答えます。

 

英語のプロが運営するサイトを利用する

earning-vocabulary-h2

 

英語中級者になると、日本で市販されている英語学習教材では物足りなくなってくることがあります。

受験英語、TOEIC、英検の単語帳は、はるか昔に何周もして覚えてしまったので、次のレベルの単語帳を探しているのです。

 

しかし、日本の英語学習者のボリュームゾーンが英語初心者~中級者なので、なかなか自分に合う次の単語帳が見つからないんですよね。

 

もちろん、BBCなどのニュースや新聞を使って、生の英語に触れることはできるのですが、それでは難しい単語が多くて検索に時間がかかり、「効率的」には語彙を増やせるとはいえません。

 

そこで、私のおすすめする英語中級者が語彙を増やすための方法は、「英語のプロが運営する英語学習サイト」を利用することです。

ここで言う「英語のプロ」とは、日英バイリンガルはもちろんのこと、通訳者や翻訳者として活躍している方や、専門分野(法律、会計、医療など)に詳しい英語上級者のことです。

 

彼らは日本人の英語学習者が躓きやすいポイントを理解しているので、説明がとても分かりやすく、初見の単語でも記憶に残るような例文を用意してくれていることが多いです。

 

また、英語のプロはそれぞれ得意分野を持っているので、英語中級者に向けて、その分野の重要単語・頻出単語を整理してくれています。

どのくらいの頻度で出現する単語か分からないボキャブラリーノートを自分で一から作るのではなく、プロが用意してくれているボキャブラリーノートを活用するのです。

このWebサイトも「会計英語のボキャブラリーノート」として英語中級者に使ってもらえるよう工夫しているつもりです。

 

ここからは、私がおすすめする英語中級者が語彙を増やせる英語学習サイトを紹介します。

 

Hapa Eikaiwa

hapa-eikaiwa

 

Hapa Eikaiwaは、日米ハーフのJunさんが運営する「生きた英語」が学べる無料学習サイトです。

有名なので知っている方も多いかもしれません。

 

私はこの学習サイト全体が非常に価値の高いボキャブラリーノートだと思っています。

難しい英単語を紹介するのではなく、ネイティブが普段の会話でよく使う自然な表現を日本人が間違いやすいポイントを押さえながら紹介してくれています。

 

英語中級者であってもスピーキングに自信があるという人は多くないでしょう。

いざ、英語で話をするとなると、「この表現って本当にあっているのかな?」と不安になってしまうからです。

 

Hapa Eikaiwaは、英語学習者にありがちなミスや会話で使える便利な英語表現を、圧倒的なボリュームで紹介してくれます。

各英語学習コラムでは、ネイティブの自然な例文を紹介してくれているので、記憶に残りやすい工夫をしてくれています。

 

サイトをお気に入りに登録して、スキマ時間に読むだけで、スピーキングに直結する語彙を増やすことができそうですね。

 

語彙を強化した後、オンライン英会話を利用してスピーキングを鍛える方法は、こちらの記事で詳しく書いているので、よかったら参考にしてください。

 

プロ翻訳者の単語帳

 

 

プロ翻訳者の単語帳は現役の通訳翻訳官が運営している「実際に使われている頻出英語」を取り扱った英語学習サイトです。

 

英語中級者向けに作られたサイトで、英語ネイティブが日常やビジネスでよく使うが、日本の英単語帳にはあまり紹介されていないボキャブラリーを中心に説明してくれます。

 

仕事やプライベートでネイティブの発する英語がわからないとき、何度もお世話になりました。

英語中級者にとって、「痒い所に手が届く」とてもありがたい存在です。

 

頻出の語彙に絞ってカバーしてくれているので、英語ネイティブの話すビジネス英語を効率的に勉強するのに最適です。

また、英語学習者が「ここの文法はどうなっているんだろう」という細かい疑問にもしっかり答えてくれています。語彙と文法を両方学べて一石二鳥です。

 

サイトをお気に入り登録して、スキマ時間に勉強するだけで、周りの英語中級者から一つ頭を抜けることができそうですね。

 

 

英文契約書の翻訳・作成・チェックのための弁護士による用語解説

 

 

英文契約書の翻訳・作成・チェックのための弁護士による用語解説は、片山法律会計事務所が運営する「英文契約書の用語解説」が読めるサイトです。

このサイトは英文契約書の「一般の経営者や従業員の方向けの初歩的な内容」を紹介してくれています。

 

law-article

※「弁護士による用語解説」一部表示

 

一般的なビジネスパーソンには、専門的な英文契約書を読むことは非常に困難です。

しかし、法務部に所属していなくても、営業部や資材・調達部、管理部の人間が英文契約書の一部を読まざるを得ない場面はあると思います。

 

そんなとき、「何もかもが意味不明」なのか「この部分の意味は分かる」のかでは大きな差が生まれます。

 

英文契約書の基礎的な語彙は理解しておくことで、周りの英語中級者から一つレベルアップできるのではないかと思います。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

英語中級者から次のレベルへ進むための学習のヒントになったら幸いです。

 

関連記事です。

キャリアアップを目指す社会人に向けて、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介していますので、よかったらご覧になってください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

今後も大学生や社会人で役立つ英語の知識をブログでまとめていきます。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです。

 

わだけん

 

-おすすめの英語教材
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5