英文会計入門

【売上・仕入・売掛金・買掛金】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第12回〜

2021年2月2日

Thumbnail-uscpa-12

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

簿記3級と英検準2級くらいの前提知識があれば読みやすいと思いますが、以下に当てはまる方はどなたも大歓迎です(^^)

  • 就職前に英文会計を学んで同学年に差をつけたい「学生」の方
  • 社会人の教養として英文会計を身につけたい「専業主婦」の方
  • ビジネス英語の一部として英文会計を学びたい、国際ビジネスの場で周りと差をつけたい、英語×簿記で自分の市場価値を高めたい「社会人」の方

この記事では「英文会計入門」第12回として、「売上・仕入・売掛金・買掛金は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

前回の記事「第11回:見越し・繰延べは英語でなんて言う?」はコチラから。

Thumbnail-uscpa
【見越し・繰延べ】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第11回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

売上・仕入は英語でなんて言うの?

売上げや仕入れはビジネスの基本的な活動です。

取り扱うものが商品であれサービスであれ、売上げや仕入れと無縁なビジネスは存在しないでしょう。

その「売上げ」や「仕入れ」を会計英語で訳した場合、なんと言うのでしょうか?

正解は「売上=Sales(revenue)」、「仕入=Purchases」です。

売上は「セールス」、仕入は「パーチェス」と基本的な英単語が使われているだけなので覚えやすいですね。

Sales revenueのrevenueは「収益」という意味です。

IFRS15号の収益認識(Revenue from Contract with Customers)でよくでる単語です。

例文を見ていきましょう。

会計において売上とは、会社が商品やサービスを販売して獲得した収益のことをいう。

In accounting, sales refer to the revenues earned when a company sells its goods and services.

仕入とは通常の営業循環で販売するための棚卸資産の購入コストのことをいう。

Purchase is the cost of buying inventory during a period for the purpose of sale in the ordinary course of the business.

売上・仕入の関連用語

ここからは、売上や仕入と一緒によく使われる関連用語を見ていきましょう。

現金売上と現金仕入

まずは、商品やサービスの引き渡しと同時に現金のやりとりがある「現金売上」と「現金仕入」です。

現金売上、現金仕入はそれぞれ英語でなんと言うでしょう?

正解は「現金売上=Cash sales」、「現金仕入=Cash purchases」です。

それぞれの名詞の前に、"Cash"を付けるだけなので簡単ですね。

例文を確認していきましょう。

現金売上は売掛金をもたらさない。

Cash sales do not result in accounts receivable.

現金仕入れは、商品やサービスの注文時や引き渡し時に会社がすぐ代金を支払うときに起こる。

A cash purchase occurs when a company pays for goods or services immediately upon ordering or delivery.

掛け販売と掛け仕入

次に、商品やサービスの引き渡し時に代金の支払いや受け取りをせず、後日取引の清算を行う「掛け」取引を見ていきましょう。

いわゆる「信用取引」や「ツケ」のことですね。売る側は「掛け販売(掛け売上)」、買う側は「掛け仕入」と言います。

それぞれ英語でなんと言うのでしょうか?

正解は「掛け販売=Credit sales」、「掛け仕入=Credit purchases」です。

salesやpurchasesの頭に今度はcreditを付けます。

creditとは、「信用、クレジット、掛け」を意味する単語です。

ビジネス、金融、会計でよく出る単語なので覚えておくと便利です。

豆知識

会社の規模が大きくなると、ほとんどが掛売りになります

それでは例文を見て、会計英語の使い方に慣れていきましょう。

掛け販売は売掛金に直接影響があるが、現金売上は現金に直接影響する。

Credit sales have a direct effect on accounts receivable, whereas cash sales directly affect cash.

掛け仕入は、会社が商品やサービスを購入し代金を後から支払う時に発生する。

Credit purchase occurs when a company makes the purchase on goods or services and then makes the payments later.

では、次に動詞の「掛けで売る」「掛けで仕入れる」を確認していきましょう。

それぞれ英語でなんと言うのでしょうか?

正解は「掛けで売る=sell〜on credit」、「掛けで仕入れる=purchase〜on credit/on account」です。

"on account"は掛けで仕入れる時に使います。"on credit"と意味は変わりません。

例文は次の通りです。

掛けで売る会社は、しばしば顧客から期限通りに代金を受け取れないことがある。

Companies who sell on credit often find that they don't receive payments from customers on time.

イギリスの職場から

掛売りの債権を回収することを『credit control』と呼び、営業部門と与信管理部門が協力して現金の回収に取り組みます。

会社がベンダーから商品を掛けで仕入れると、仕入勘定が借方に計上され、会社の棚卸資産を増加させることに繋がる。

When a company purchases goods on credit from a vendor of the company, then the purchases account will get debited as it will lead to an increase in the inventory (assets) of the company.

売掛金と買掛金

掛けで取引をすると売掛金や買掛金を計上しますね。

では、売掛金や買掛金は英語でなんと言うのでしょう?

正解は「売掛金=Trade receivables/Accounts receivables(AR)」、「買掛金=Trade payables/Accounts payable(AP)」です。

receivablesは「受け取ることのできる」という意味で、Trade/Accounts receivablesで「取引によって受け取れる代金(=売掛金)」を指します。

payableは「支払うべき」という意味で、Trade/Accounts payablesで「取引によって支払うべき代金(=買掛金)を指します。

これらの単語も例文を確認していきましょう。

会社が掛けで商品を売り上げたりサービスを提供したりすると、売掛金が認識される。

Trade receivables arise when a company makes sales or provides a service on credit.

買掛金とは、通常の営業循環の中でサプライヤーから仕入れた商品やサービスに対する支払い義務のことである。

Trade payables are obligations to pay for goods or services that have been acquired from suppliers in the ordinary course of business.

会社の帳簿に記録されている売掛金を回収しても、当期純利益に影響を与えない。

Collecting accounts receivable that are in a company's accounting records will not affect the company's net income.

ある会社の買掛金は、その請求書を発行したベンダーの売掛金である。

An account payable at one company is an account receivable for the vendor that issued the sales invoice.

顧客が破産申請し十分な資産がない場合は、会社は売掛金を貸し倒れとして処理する。

A company may write off an accounts receivable when a customer files for bankruptcy and has insufficient assets.

まとめ:本日の復習

  • 売上は英語で「Sales(revenue)」、仕入は「Purchases」
  • 現金売上は「Cash sales」、現金仕入は「Cash purchases」
  • 掛け販売(掛け売上)は「Credit sales」、掛け仕入は「Credit purchases」
  • 掛けで売るは「sell〜on credit」、掛けで仕入れるは「purchase〜on credit/on account」
  • 売掛金は「Trade receivables/Accounts receivables(AR)」、買掛金は「Trade payables/Accounts payable(AP)」

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?』という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

「英文会計入門」シリーズ第13回「有価証券は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-13
【有価証券】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第13回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5