英文会計入門

【研究開発費・資産化・費用化】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第10回〜

2021年1月30日

Thumbnail-uscpa-10

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

簿記3級と英検準2級くらいの前提知識があれば読みやすいと思いますが、以下に当てはまる方はどなたも大歓迎です(^^)

  • 就職前に英文会計を学んで同学年に差をつけたい「学生」の方
  • 社会人の教養として英文会計を身につけたい「専業主婦」の方
  • ビジネス英語の一部として英文会計を学びたい、国際ビジネスの場で周りと差をつけたい、英語×簿記で自分の市場価値を高めたい「社会人」の方

この記事では「英文会計入門」第10回として、「研究開発費・資産化・費用化は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

前回の記事「第9回:借入金は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-9
【借入金】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第9回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

研究開発費は英語でなんて言うの?

研究開発費とは、研究開発に使われた原材料費、人件費、固定資産の減価償却費などのすべての原価のことを指します。

ここでいう研究開発とは、ザックリ説明すると『新しい製品・サービスを作り出すこと、および既存製品・サービスを著しく改良すること』です。

詳しくは、クラウド会計Money forwardの記事(日本基準の説明)をご覧ください。

では、研究開発費は英語でなんと言うのでしょうか?

正解は「Research & Development(costs/expenses)」です。

頭文字を取ってR&Dと省略します。例文を見てみましょう。

研究開発費は営業費用に含まれ、通常損益計算書に計上される。

R&D costs are included in a company’s operating expenses and are usually reflected in its income statement.

国際会計基準では研究開発費の取扱いはIAS38号 無形資産で規定される。

Under International Accounting Standards the accounting for R&D is dealt with under IAS 38, Intangible Assets.

研究開発費の問題は、関連する将来の便益がかなり不透明ということだ。

The problem with research and development expenses is that the future benefits associated with them are sufficiently uncertain.

 

研究開発費の関連用語

資産化(資産計上)する

日本基準やUS-GAAPでは研究開発費は基本的に発生時に費用処理します。

しかしIFRSでは、一定の要件がすべて満たされた場合、研究開発費のうち『開発費』の部分は『無形資産』として貸借対照表に計上します

IFRSにおける開発費資産化の『一定の要件』は以下のとおりです。

  • 使用又は売却できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
  • 無形資産を完成させ、さらにそれを使用又は売却するという企業の意思
  • 無形資産を使用又は売却できる能力
  • 無形資産が可能性の高い将来の経済的便益を創出する方法
  • 無形資産の開発を完成させ、さらにそれを使用又は売却するため必要となる、適切な技術上、財務上及びその他の資源の利用可能性
  • 開発期間中の無形資産に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力

詳しく知りたい方は、IFRScommunity.comの英文記事『Development phase(開発局面)』をご覧ください。

では、『資産化(資産計上)する』は英語でなんと言うのでしょうか?

正解は「capitalize/record as assets」です。

capitalizeをGoogle検索にかけると「資本化する、大文字で書く」という意味がでてきます。

しかし、会計用語では「ある費用をバランスシートに資産として計上する」を意味します

IFRSの開発費の会計処理を英語で調べると、よく出てくる単語ですので覚えておくと便利です。

イギリスの職場から

イギリス英語ではcapitalizeの『z』が『s』に変わり『capitalise』と表記します。

例文を通して使い方に慣れていきましょう。

その会社は開発費を無形資産として資産化(資産計上)した。

The company capitalized development costs as intangible assets.

開発費は販売や使用による資産の技術的また商業的な実行可能性が確立された後に資産化される。

Development costs are capitalised only after technical and commercial feasibility of the asset for sale or use have been established.

もし会社が研究開発費を資産化しなければ、研究開発費の支出のタイミングによって純利益は大幅に高くなったり低くなったりする可能性がある。

If a company doesn’t capitalise R&D, its net income can be significantly higher or lower because of the timing of R&D spending.

費用化(費用処理)する

では、日本基準やUS-GAAPのように費用処理する場合は、英語でなんと言うのでしょうか?

正解は「expense/incur as an expense | write off to the income statement | charge to expense」です。

「費用化する」の英語表現は色々ありますが、一般的なのは"expense"です。

expenseは「名詞:費用」として有名ですが、「動詞:費用化する」としてもよく使います

この英単語は、研究開発費に限らず、何かを損益計算書に費用として認識する場合に使えます。この機会に覚えておくと便利です。

例文を見ていきましょう。

US-GAAPはすべての研究開発費を支出時に費用として計上することを要求している。

U.S.GAAP requires companies to expense all research and development expenditures as incurred.

製造間接費は発生時に費用処理する。

Overhead costs are expensed as incurred.

IFRS基準では、会社が研究局面と開発局面を区分できないのであれば、すべてのコストは損益計算書に費用として計上されなければならない。

Under IFRS Standards, if a company is unable to distinguish between the research and development phase all costs must be expensed through the income statement.

シンプルにexpenseという動詞を使う以外のパターンも見てみましょう。

すべての研究費の会計処理は、発生時に損益計算書勘定に計上される。

The accounting treatment for all research expenditure is to write it off to the P&L account as incurred.

研究局面のすべての費用は発生時に損益計算書に費用として計上されるべきである。

All expenditure incurred at the research stage should be written off to the income statement as an expense when incurred.

日本基準のコアなルールは、研究開発費は発生時に費用処理されることである。

Under Japanese accounting standards the core rule is that R&D expenditures should be charged to expense as incurred.

IFRSアプローチのいいところは、少なくとも研究開発費のいくらかは損益計算書に費用として認識されるのではなく資産計上されることである。

The benefit of the IFRS approach is that at least some research and development costs can be capitalized instead of being incurred as an expense on the statement of P&L.

 

まとめ:本日の復習

  • 研究開発費は英語で「Research and Development(costs/expenses)」
  • 資産化(資産計上)するは「capitalize/record as assets」
  • 費用化(費用計上)するは「expense/incur as an expense | write off to the income statement | charge to expense」

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、「この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?」という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

「英文会計入門」シリーズ第11回「見越し・繰延べは英語でなんて言う?」はコチラから。

Thumbnail-uscpa
【見越し・繰延べ】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第11回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5