英文会計入門

【仮払金・立替金・前払金・未収金】は英語でなんて言う?米国公認会計士が解説!〜英文会計入門シリーズ第28回〜

2021年3月2日

Thumbnail-uscpa-28

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

 

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

この記事では「英文会計入門」第28回として、「仮払金・立替金・前払金・未収金は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

 

負債勘定の「仮受金・前受金・前受収益・未払金・未払費用は英語でなんて言う?」の参考記事はこちら。

i-catch-suspense-receipt
【仮受金・前受金・未払金・未払費用】は英語で何て言う?米国公認会計士が解説!〜英文会計入門シリーズ第39回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

続きを見る

\【プログリット】が無料カウンセリングをオンンライン実施中/

専属コンサルタントによる英語力診断最適な学習計画サービスを無料体験できます!

PROGRIT

仮払金は英語でなんて言うの?

h2-question

 

仮払金とは、支出の具体的な内容や金額が確定していないうちに支払ったお金で、一時的には流動資産ですが、将来的には会社の費用となる勘定科目のことをいいます。

例えば、従業員の出張旅費の前払いや、事業所などへの小口現金の支払いなどに使用されます。

 

仮払金は、その名の通り「仮に支払ったお金」であるため、外部からは「どんな目的で使われたかわからないお金」です

したがって決算で内容をきちんと精査し、適切な勘定科目へ振替えることが適切と考えられています。

 

では、「仮払金」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Suspense payments」です。

 

"Suspense"は、「未決定の状態、宙ぶらりんの状態」という意味の名詞です。小説や映画などのサスペンスと同じ英語ですね。

"payment"は「支払い、支出」という意味の名詞です。

2語合わせたSuspense paymentsで「(振替先が)未決定の状態の支払金」という意味になります。

 

例文

  • 仮払金は、どの勘定科目に計上されるべきか不確かなときに、一時的に取引を保存する目的で使われる勘定科目である。
    A suspense payment is an account used to temporarily store transactions for which there is uncertainty about where they should be recorded.
  • どの請求書に対する費用か把握するまで、その会社は$5,000を一時的に仮払金に計上することにした。
    The company temporarily parked the $5,000 in the Suspense Payments account, until they can find out which invoices to charge.

 

立替金は英語でなんて言うの?

仮払金と似たような勘定に「立替金」があります。

立替金とは、最終的に取引先や関係会社、従業員個人など、会社以外が負担すべきお金を、一時的に会社が立て替えたもののことを指します。

 

例えば、従業員負担分の社会保険料、取引先負担の手数料の支払いなどが該当します。

仮払金は将来的に会社の費用となるのに対して、立替金は将来的に会社の費用とならない点が、仮払金との大きな違いです。

 

では、「立替金」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Advance to Employees/Advances paid/Other receivables」です。

 

"Advance"とは「前貸し金、立て替え金」という意味のある名詞です。

したがって、Advance to Employeesで「従業員への立替金」、Advances paidで「立替金」("paid"は"Advances"を後置修飾している)を表します。

 

ただし"Advances"はこの後取り上げる「前払金(前渡金)」と混同されやすい表現です。

そのため"Other receivables: Advances"のように、"receivables(受け取ることができる権利)"を使って、「一時的に支出しているが後で返ってくるお金」であることを補足した方が業務では伝わりやすいと思います。

単に「後で返ってくるお金」ということが伝わればいい場合は、"Other receivables"という表現を使って問題ないでしょう。

 

なお、B/S表示科目としては"Advances paid"が使われます。

 

例文

  • 会社が従業員に対して$1,000ドルを立て替える場合、借方に流動資産である立替金を$1,000、貸方に現金を$1,000計上する。
    When a company advances their employee $1,000, they will debit the current asset Advance to Employees for $1,000 and will credit Cash for $1,000.

 

前払金(前渡金)は英語でなんて言うの?

商品やサービスを受け取る前に、相手先に支払う代金の一部を「前払金(前渡金)」といいます。

前払金(前渡金)は商品やサービスを将来的に受け取る権利を表すため、BS上は流動資産に計上されます。

 

では、「前払金(前渡金)」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Advance payments」です。

 

"Advance"は「事前の、前の」という意味の形容詞、"payments"は前述の通り「支払い、支出」という意味の名詞です。

2語合わせた"Advance payments"で「前もって支払ったお金(=前払金)」を表します。

 

立替金を表すAdvances paidとよく似ているため、使い分けに注意してください

 

例文

  • 前払金(前渡金)とは、作業が完了する前に販売側に対して支払われる代金の一部のことである。
    An advance payment is paying a part of the payment to the seller before the work is completed.
  • その会社は支払いに対して、借方に前払金(前渡金)を$3,000、貸方に現金を$3,000計上した。
    The company recorded the payment with a debit of $3,000 to the advance payments account and a credit of $3,000 to the cash account.

 

前払費用は英語でなんて言うの?

「前払金(前渡金)」と似た勘定に「前払費用」があります。

これは、一定の契約に従って「継続」して役務の提供を受ける場合、まだ提供されていない役務に対して支払われるお金のことを指します。

発生主義の観点から費用を次期以降に繰り越すため、「繰延勘定」とも呼ばれますね。

 

では、「前払費用」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Prepaid expenses/Deferred expenses」です。

 

この会計英語の「覚え方」と「例文」は、第11回「見越し・繰延べは英語でなんて言うの?」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Thumbnail-uscpa
【見越し・繰延べ】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第11回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

 

未収金は英語でなんて言うの?

営業活動以外の取引において、まだ回収されていない代金のことを「未収金」といいます。

例えば、不動産や機械、備品、有価証券などを相手先に売却し、後払いで代金が入金されるときに使用されます。

 

では、「未収金」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Non trade receivables」です。

 

"Non"は「~ではない」、"trade"は「(営業)取引」、"receivables"は「受け取ることのできる権利」を意味します。

3語合わせた"Non trade receivables"で「営業取引以外の債権(=未収金)」を表します。

 

英文会計入門シリーズ第12回「売上・仕入は英語でなんて言う?」の記事で解説したように、売掛金の会計英語には"Trade receivables"が使われます。

 

それに対し、未収金の会計英語は「通常のTrade以外を対象とするため、"Trade receivables"(売掛金)の頭に否定を示す"Non"を追加する」と考えると覚えやすいかもしれません。

他には、"Other accounts receivables"という表現もよく見かけます。

 

なお、B/S表示科目としては、"Accouts receivable - other"が使われることに留意してください。

 

例文

  • 未収金とは、商品やサービスに対する顧客への請求以外で、会社が請求することのできるお金のことです。
    Non trade receivables are amounts due for payment to a company other than its normal customer invoices for goods or services.
  • 支払いが一年を超えると見込まれるのであれば、未収金は固定資産に分類します。
    Classify non trade receivables as a non-current asset if you anticipate the payment will be over more than one year.

 

"Receivables"という会計英語について、より詳しく学習したい方は以下の動画を参考にしてください。ネイティブの感覚が少し掴めると思います。(リスニングに自信のある方向けです。)

 

未収収益は英語でなんて言うの?

「未収金」と似た勘定に「未収収益」があります。

こちらは、一定の契約に従って「継続」して役務の提供を行う場合において、既に提供した役務に対してまだ支払いを受けていないお金のことをいいます。

当期に入金のない取引ですが、役務の提供自体は完了しているため、当期の収益を「見越計上」する「見越勘定」として有名です。

 

では、「未収収益」は英語で何と言うのでしょうか?

 

Accrued revenue」です。

 

この会計英語の「覚え方」と「例文」は、第11回「見越し・繰延べは英語でなんて言うの?」で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

Thumbnail-uscpa
【見越し・繰延べ】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第11回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

 

まとめ:本日の復習

h2-review

 

  • 仮払金は英語で「Suspense payments」
  • 立替金は「Advance to Employees/Advances paid/Other receivables」
  • 前払金(前渡金)は「Advance payments」
  • 前払費用は「Prepaid expenses/Deferred expenses」
  • 未収金は「Non trade receivables/Other accounts receivables」
  • 未収収益は「Accrued revenue」

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?』という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

 

前回の記事「第27回:計上する・発生する・認識する・振替えるは英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-27
【計上・発生・認識・振替】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第27回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

次回の記事「第29回:販売費及び一般管理費は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-29
【販売費及び一般管理費】は英語でなんて言う?米国公認会計士が解説!〜英文会計入門シリーズ第29回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2022 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5