英文会計入門

【借入金】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第9回〜

2021年1月26日

Thumbnail-uscpa-9

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

簿記3級と英検準2級くらいの前提知識があれば読みやすいと思いますが、以下に当てはまる方はどなたも大歓迎です(^^)

  • 就職前に英文会計を学んで同学年に差をつけたい「学生」の方
  • 社会人の教養として英文会計を身につけたい「専業主婦」の方
  • ビジネス英語の一部として英文会計を学びたい、国際ビジネスの場で周りと差をつけたい、英語×簿記で自分の市場価値を高めたい「社会人」の方

この記事では「英文会計入門」第9回として、「借入金は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

前回の記事「第8回:棚卸資産は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-8
【棚卸資産】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第8回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

借入金は英語でなんて言うの?

借入金とは文字通り「借金」のことで、金融機関などから借り入れた返済の義務のあるお金(負債勘定)のことです。

では、借入金は英語でなんと言うのでしょうか?

正解はborrowings/loans payableです。

金融庁の開示科目ではborrowingsが使われていますが、多くの英語サイトの仕訳科目ではloans payableが使われています。

loans payableのpayableは「支払うべき、債務」という意味で、payableの反対語はreceivable(受け取ることができる、債券)です。

豆知識

借り手の勘定科目「loans payable(支払うべき借入金=借入金)」、貸し手の勘定科目「loans receivable(受け取ることができる借入金=貸付金)」をセットで覚えましょう。

borrowingsとloan、それぞれの単語に本質的な意味の違いはあるのでしょうか。

英英辞典(Cambridge Dictionary)で確認してみましょう。

<Borrowing>the fact of borrowing money, especially from a bank, or the amount that is borrowed

特に銀行からお金を借りること、もしくは借りたお金の金額

<Loan>an amount of money that is borrowed, often from a bank, and has to be paid back, usually together with an extra amount of money that you have to pay as a charge for borrowing

銀行などから借り入れた返済すべきお金で、通常は借入手数料が上乗せされたもの

loan の方が少し詳しい意味が載っています。「銀行などから借りる利子付きのお金」というイメージでしょうか。この程度の違いであれば、実務上どちらの単語を使っても大丈夫でしょう。

例文をご紹介します。

会社が銀行からお金を借りたら、その会社は現金および借入金といった流動負債を増加させる。

When a company borrows money from its bank, the company will record the loan by increasing its cash and increasing a current liability such as loans payable.

会社の貸借対照表日に借入金の支払い残高がある場合は、その残高は借入金と呼ばれる。

If any portion of the loan is still payable as of the date of a company's balance sheet, the remaining balance on the loan is called a loan payable.

借入コストには、当座借越・借入に係る利息、ファイナンス・リース取引に財務費用、外貨借入に係る為替差損益のうち、支払利息の調整額とみなされるものが含まれる。

Borrowing costs include interest on bank overdrafts and borrowings, finance charges on finance leases and exchange differences on foreign currency borrowings where they are regarded as an adjustment to interest costs.

借入金って『debt』じゃないの?

Googleで「借入金」「英語」と検索すると、「debt」が上位表示されます。

debtは借入金ではないのでしょうか?Banking Schoolのコチラの記事でloanとdebtの違いを解説しています。

Loan>貸してからお金を借りたお金。定期的に元本と利息と一緒に返済する。

<Debt>債券(bond or debenture)を発行して借りたお金。定期的に利息を支払い、満期日に元本を返済する。

つまり厳密に言うと、debtは借入金より社債という方がしっくりくるようです。これは会計の専門的な考え方だと思います。

一方、一般的な英英辞書には、debtは単純に「返済すべきお金」と載っています。

debtは広い意味で「債務、負債」を表す、ということですね。例えば、固定負債(非流動負債)をlong-term debtと呼んだりします。

豆知識

ピンポイントで「借入金」といいたいときは、loanの方が伝わりやすいでしょう。

イギリスの職場から

イギリスの職場では借入金のことを「funding」と呼ぶことがあります。

借入金の関連用語

次は借入金の関連用語を見ていきましょう。

短期借入金と長期借入金

短期借入金とは、決算日の翌日から1年以内に返済期限が到来する借入金のことです。この勘定科目は流動負債に計上します。

長期借入金とは、返済期限が決算日の翌日から1年の借入金のことで、固定負債に計上します。

では、それぞれ英語でなんと言うのでしょう?

正解は、短期借入金…short-term borrowings/short-term loans payable、長期借入金…long-term borrowings/long-term loans payableです。

短期は英語でshort-term、長期はlong-termと表します。

借入による収入、借入金の返済による支出

キャッシュ・フロー計算書には、「資金の調達や返済など財務活動に関するキャッシュの変動」を表示する財務キャッシュ・フローという区分があります。

その区分には「(短期・長期)借入による収入」や「(短期・長期)借入金の返済による支出」という項目があります。

それぞれ英語でなんと言うのでしょう?

正解は、借入による収入…Proceeds from short-term/long-term borrowings、借入金の返済による支出…Repayments of short-term/long-term borrowingsです。

proceedsはproceedの複数形で「収入、収益」を意味し、repaymentは「返済」を意味します。

キャッシュフロー項目の専門的な表現なので、覚えておくと便利です。

借り入れると返済する

ここからは「借入金」という名詞ではなく、「借り入れる、返済する」という動詞の表現を見ていきましょう。

それぞれ英語でなんと言うのでしょう?

正解は、借り入れるはtake out a loan/receive a loan、返済するはpay back a loan/repay a loanです。

他の言い方もあると思いますが、上記の表現をよく目にします。

例文を確認していきましょう。

会社が借り入れを行うとき、それが短期借入金であれば流動負債を、長期借入金であれば固定負債(非流動負債)を認識する。

When a company takes out a loan, it incurs either a current liability if the loan is a short-term loan payable, or a long-term liability if the loan is a long-term debt.

会社が銀行に申し込み、$250万借り入れた。

A company applied to a bank and received a loan of $2,500,000.

借入金を返済するときの仕訳は次の通りです。

The journal entry for repaying the loan is as follows:

 

まとめ:本日の復習

  • 借入金は英語で『borrowings/loans payable』
  • debtは一般的に『債務、負債』という意味
  • 短期借入金は『short-term borrowings/short-term loans payable』
  • 長期借入金は『long-term borrowings/long-term loans payable』
  • 借入による収入は『Proceeds from short-term/long-term borrowings』
  • 借入金の返済による支出は『Repayments of short-term/long-term borrowings』
  • 借り入れるは『take out a loan/receive a loan』
  • 返済するは『pay back a loan/repay a loan』

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?』という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

「英文会計入門」シリーズ第10回「研究開発費は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-10
【研究開発費・資産化・費用化】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第10回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5