実践英会話

【仕事で使える英会話】Excelの基本用語から操作説明までを完全解説【便利な英語フレーズ20選】

2021年4月11日

Thumbnail-english-excel

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「海外駐在員の英会話」シリーズでは、イギリス駐在員(TOEIC 900超)がイギリス人ネイティブから学んだ、ビジネス英語・日常英会話をわかりやすく丁寧に解説します。

実際のネイティブとの会話はもちろんのこと、TOEIC・英検対策にも役に立つ内容になっています。

一日10分間の学習でコツコツと語彙を増やし、英語力を伸ばしていきましょう。

Excel操作で役立つ英会話表現

海外拠点の現地スタッフとExcelを使った作業について話すとき、上手くコミュニケーションが取れなくて困った経験はありませんか?

こちらの言いたいことを伝えられても、現地スタッフの英語がよく理解できないこともありますよね。

それはあなたの英語力に問題があるのではなく、Excel操作でよく使われる英語表現に慣れていないだけかもしれません。

イギリス駐在の経験から

実際のリスニングやスピーキングに対応できるようになるには、まずは経験値を積むことが大切です。

シチュエーション別にネイティブの英会話を学習することで、相手の受け答えを予想したり、話す内容を事前に準備したりすることができます。

実際のネイティブの表現が最強の英語教材なのです。それでは早速行ってみましょう!

(なお、Excelの基本用語を日本語で復習したい方は、「Excelを制する者は人生を制す」さんのコチラをご覧ください。)

Excelの基本用語

english-excel-h2-1

 

まずは、Excelの基本的な必須用語を見ていきます。Excelを英語で説明するうえで必ず出てくるので、しっかり覚えていきましょう。

Excelシートは英語でsheet/worksheet/spreadsheetと呼び、シートの集まりをworkbook(ブック)と呼びます。

Excelの「列」と「行」は、それぞれ英語でcolumn、rowといいます。

A列、B列、C列は、A column, B column, C columnといい、1行、2行、3行は、row No.1, row No.2, row No.3のように表現します。

セルは英語でそのままcellです。「A1セル」は、cell A1と表します。cellは省略しても構いません。

例文紹介

  • Spreadsheets are made up of columns and rows.
    シートは列と行で構成されます。
  • An intersection of a column and a row is called a cell.
    列と行の交差する点はセルと呼ばれます。

Excelの基本操作

english-excel-h2-2

 

「〇〇を開く」と言いたいときは、動詞openを使います。

例文紹介

  • open a blank workbook
    空白のブックを開く
  • open a spreadsheet template
    テンプレートを開く

「〇〇をクリック/ダブルクリックする」と言うときは、click/double click on~と表現します。

前置詞onは省略されることもあります。

例文紹介

  • click on the Hone tab
    ホームタブをクリックする
  • double click on an Excel file
    Excelファイルをダブルクリックする

「右クリックする」は、click onの頭にrightを付けて、right click onといいます。

例文紹介

  • right click on the data
    データを右クリックする

セルの範囲を指定するときは、〇〇 through 〇〇といいます。

例えば、「A1からC5まで」と言いたいときは、英語でA1 through C5と表します。

例文紹介

  • select A1 through C5
    A1からC5まで選択する

「A1セルに(データ・文字)を入力する」と言いたいときは、動詞enter/put/typeを使います。セルの前に使う前置詞はin(~の中)です。

例文紹介

  • click on A1 and enter some data
    A1をクリックし、データを入力する
  • type a title in A1
    A1にタイトルを入力する

「キーボードの〇〇キーを押す」と言いたいときは、動詞hit(打つ)もしくはtap(タップする)を使います。ライティングで伝えるときは、press(押す)が適切です。

例文紹介

  • Hit Enter after typing numbers in A1.
    A1に数値を入力した後、Enterキーを押します。
  • To move to the next cell, hit Tab.
    次のセルに移動するために、Tabキーを押します。

スピーキングでは動詞hit/tapを使わず、Enter/Return・Tabなどの名前自体を動詞として使うこともできます。

また、「〇〇キーを押しながら、〇〇キーを押す」と言いたいときは、hold〇〇and hit〇〇を使って表現します。

例文紹介

  • To move back, hold Shift and hit Enter.
    前に移動するには、Shiftキーを押しながら、Enterキーを押す。

慣れてきたら動詞hold/hitを使わずに、単純にShift Enterと言っても通じます。holdすべきキーを先に、hitすべきキーは後に言います。

ドラッグしてセルの範囲指定するための操作は、click and dragといいます。

例文紹介

  • click and drag to cover all the content of the spreadsheet
    シートの内容をすべてカバーするようにセルをクリック&ドラッグする
  • select a range of cells by clicking and dragging.
    クリック&ドラッグでセルの範囲を選択する

Excelの画面を拡大もしくは縮小するといいたい場合は、動詞zoom in/outを使います。

例文紹介

  • To zoom in and out, hold Ctrl and scroll mouse wheel.
    拡大や縮小をするには、Ctrlキーを押しながらマウスホイールを動かす。

列や行の幅を広げる動作は、stretch out(伸ばす)を使って表現します。

例文紹介

  • To stretch out a column, put your mouse between the two columns right on the line. When your cursor changes into a double sided arrow, click and drag.
    列の幅を広げるには、2つの列の線上にマウスを合わせます。カーソルが両矢印になったら、クリック&ドラッグをします。

元に戻すことは、undoといいます。

例文紹介

  • To undo an action, press Ctrl+Z.
    操作を元に戻すには、Ctrl+Zを押します。

数式(formula)を作成/入力することは、create/enter/put in/input a formulaと表現します。

関数は英語でfunctionなので、「関数を入力する」はenter a functionです。

例文紹介

  • Enter the SUM function to add up numbers, columns and rows in Excel.
    Excelで数値や列、行を合計するために、SUM関数を入力します。

保存するといいたいときは、save a document/fileと表現します。

例文紹介

  • Ctrl+S is used to save a document/file.
    Ctrl+Sはドキュメント/ファイルの保存に使用します。

学習の最後に

h2-review

 

英語力の土台にあるのは『語彙力の強化』です。語彙力を強化すれば、「読む・聞く・話す・書く」のすべての能力が底上げされます。

「塵も積もれば山となる」です。一緒にコツコツ頑張っていきましょう。

ワンランク上を目指す方はオンライン英会話も活用して、英語「スピーキング」の力をパワーアップしましょう。

無料体験できるオンライン英会話を比較したまとめ記事はコチラからどうぞ。

今後もビジネス英語・日常英会話・TOEIC・英検で役立つ英語の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から『この英語はどういう意味?』という非ネイティブならではの悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

 

米国公認会計士わだけん

-実践英会話
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5