実践英会話

【美容院の英会話】カットの予約から失敗しないオーダーまでの流れを完全解説【便利な英語フレーズ28選】

2021年2月26日

Thumbnail-english-hair-salon

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「海外駐在員の英会話」シリーズでは、イギリス駐在員(TOEIC 900超)がイギリス人ネイティブから学んだ、ビジネス英語・日常英会話をわかりやすく丁寧に解説します。

実際のネイティブとの会話はもちろんのこと、TOEIC・英検対策にも役に立つ内容になっています

一日10分間の学習でコツコツと語彙を増やし、英語力を伸ばしていきましょう。

美容院で役立つ英会話表現

海外留学中や駐在中に美容院でヘアーカットをお願いするとき、店員さんとのコミュニケーションで上手く英語が話せなくて困った経験はありませんか?

こちらの言いたいことを伝えられても、店員さんの英語が聞き取れないこともありますよね。

それはあなたの英語力に問題があるのではなく、美容院でよく使われる英語表現に慣れていないだけかもしれません

イギリス駐在の経験から

実際のリスニングやスピーキングに対応できるようになるには、まずは経験値を積むことが大切です。

シチュエーション別にネイティブの英会話を学習することで、相手の受け答えを予想したり、話す内容を事前に準備したりすることができます。

実際のネイティブの表現が最強の英語教材なのです。それでは英会話表現を学んでいきましょう!

美容院の予約・入店するとき

english-hair-cut-h2-1

 

まずは美容院の予約の仕方をみていきましょう。

事前に予約しないと美容院で長時間待たされる可能性があります。少し緊張すると思いますが、勇気をもって美容院に電話してみましょう。

Hello, there. Can I make an appointment for a haircut?
こんにちは。ヘアーカットの予約をお願いできますか?
Certainly, sir/madam.
もちろんです。
When were you thinking?
いつがよろしいですか?
Tomorrow afternoon would be great.
明日の午後だといいのですが。
Is 14:00 okey?
14時はいかかですか?
Yup, that would be lovely.
はい、お願いします。

イギリス駐在の経験から

イギリスでは丁寧な言葉遣いが好まれるので、“Can/Could I ~?” 以外に “I was wondering if I could/might be able to~” などの表現を使うこともできます。

「予約する」の英語は、book、make an appointmentなど複数あります。

美容院の予約は、「人と会う約束をして髪を切ってもらう」という意味で、医者の予約をするように“make an appointment for a haircut”が使えます。

さらに、「ヘアーカットの時間や場所を確保してもらう」という意味で、ホテルやレストランを予約するように“book a haircut”の両方が使えます。

美容院を予約しないで入店するときは、次のように美容師さんに空きがあるか確認しましょう。

Good morning, is it possible to get a haircut now?
おはようございます。今ヘアーカットのお願いをすることはできますか?

明らかに美容院の中で人が待っているのであれば、どのくらい待ち時間があるか聞いてみるといいでしょう。

Excuse me, how long am I going to have to wait to get a haircut?
すみません。ヘアーカットまでどのくらい待たなければなりませんか?

美容院で何かをオーダーするとき

english-hair-cut-h2-2

 

いよいよ自分の番がやってきました。ここからは、美容師さんに髪の毛をどのようにしてもらいたいかなどのオーダーを行います。

まずは、カットなのか、カラーなのか、パーマなのか伝えましょう。

I would like a wash, cut, and dry, please.
洗髪、カット、ドライでお願いします。
Can I get a perm?
パーマをかけてもらえますか?
I would like just a trim, please.
今のヘアスタイルは変えずに整髪だけお願いします。
Can I have my hair straightened and coloured?
ストレートとカラーをお願いできますか?

「髪を〇〇してほしい」は、“get/have my hair 過去分詞”と表現します。

例えば、「カールにしてほしい」は“get/have my hair curled”、「脱色してほしい」は“get/have my hair bleached”、「軽くしてほしい、すいてほしい」は“get/have my hair thinned out”です。

美容師さんが髪を触りながらオーダーを聞いて、「こんなのはどうですか?」「こんな風にもできますよ?」と提案してくると思います。

ここで正直気になるのは、「そのサービスに追加料金がかかるか」ですよね(笑)

すべてが終わった後の会計でビックリ仰天することのないよう、その場でしっかり確認しておきましょう。

Will that cost extra?
追加料金がかかりますか?
How much is that?
それっていくらですか?

失敗しないヘアーカットのオーダー

english-hair-cut-h2-3

 

美容院でカットをお願いすると、美容師さんから具体的にどのように切ってほしいか質問があるでしょう。

How do you want it cut?
どんなカットにしますか?
How short would you like it?
どのくらい短くしたいですか?
Would you like any layers?
段(レイヤー)は入れますか?

ここで美容師さんにイメージする髪型を伝えます。

このときにミスコミュニケーションが起きると悲惨なことになります(笑)

まず、主に女性の方に使える英語表現から紹介しますので、ぜひ参考にしてください(もちろん、男性の方にも使えますのでご安心ください)。

主に女性の方が使う英語表現

「〇センチ切りたい」と短くしたい長さが決まっているときは、次のように伝えます。

Could you take about 10 cm off, please?
10センチほど切ってもらえますか?

長さは変えずに、痛みの気になる毛先だけ切ってもらいたいときは、次のように表現します。

I have some split ends so can you trim the tips of my hair, keeping its length.
切れ毛のある先の方を切ってもらいたいです。長さはキープしてください。

髪全体が重くなってきて、ボリュームを減らしたいときは“remove some weight”を使います。

Can you remove some weight on the sides?
横のボリュームを減らしてもらえませんか?

場所によって髪の長さを変えてほしいときは、the front(前)、the sides(横)、the back(後ろ)、the top(上)、the bottom(下)と指定して長さを伝えます。

I’d like to have my hair layered, longer on the back, shorter on the front.
後ろが長く、前が短くなるように段(レイヤー)を入れたいのですが。

イギリス駐在の経験から

前髪は、イギリス英語でfringe(アメリカ英語でbangs)といいます。

前髪をどこで分けるかは次のように伝えます。

I’d like my fringe to be centred/on the side.
前髪は真ん中で/横で分けたいです。

美容師さんから“Where do you part your hair? ”(髪の分け目はどこですか?)と聞かれたら、指をさしながら分け目を答えます。

I usually part my hair on the right/left/center.
いつも右/左/真ん中で髪を分けています。

主に男性の方が使う英語表現

続いて男性にオススメの英語表現をご紹介します(もちろん、女性の方にも使えます) 。

まず、指定のヘアスタイルがあれば、最初にはっきり伝えます。

I’d like a buzz cut/crew cut/undercut/short side part haircut, please.
丸刈り、角刈り(クルーカット)、ツーブロック、横分けショートでお願いします。

丸刈りはbuzz cut、角刈りはcrew cut、ツーブロックはundercut、横分けショートはshort side part haircutといいます。

トップ以外のサイドのみバリカンで刈り上げてほしい場合は、次のようにオーダーします。

Could you do the back and the sides with clippers, please?
バックやサイドをバリカンで刈り上げてくれませんか?

バリカンは英語でclipperといいます。

短く刈り上げる海外のスタイルが好きではない人もいると思います。

その場合は、trimを使って「(今のスタイルを崩さす)整えたい」と表現した方が無難です。

そうすると、美容師さんは髪を持ち上げて “About this?”(このくらい?)と聞いてきます。

一度カットされると後戻りできないので(笑)、次のように答えて希望を伝えましょう。

No, I’d like it a bit longer/shorter.
いいえ、もう少し長め/短めがいいです。

トップの長さやボリュームを残したい方は、次のように表現します。

I’d like to keep the most of the volume on top.
トップのボリュームは残すようにしていただきたいです。

前髪を上げたり、横に流したいときは、“fringe up”や“side fringe”といった表現を使います。

最後に、自分のイメージする髪型を伝える最終手段は、美容師さんになりたい髪型のモデルの写真を見せることです(笑)

言葉でヘアースタイルを伝える自信がない場合は、写真を見せながら、次のように美容師さんにお願いするといいでしょう。

I’d like my hair done like this. Would you be able to do that?
こんな感じの髪型にしたいのですが。できそうですか?

美容院のオーダー方法について、より詳しく学習したい方はLearn English with Emmaさんの「Going to the hairdresser」をご覧ください。

学習の最後に

h2-review

 

英語力の土台にあるのは『語彙力の強化』です。語彙力を強化すれば、「読む・聞く・話す・書く」のすべての能力が底上げされます。

「塵も積もれば山となる」です。一緒にコツコツ頑張っていきましょう。

ワンランク上を目指す方はオンライン英会話も活用して、英語「スピーキング」の力をパワーアップしましょう。

無料体験できるオンライン英会話を比較したまとめ記事はコチラからどうぞ。

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

今後もビジネス英語・日常英会話・TOEIC・英検で役立つ英語の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この英語はどういう意味?』という非ネイティブならではのお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

 

米国公認会計士わだけん

-実践英会話
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5