英文会計入門

【社債】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第14回〜

2021年2月5日

Thumbnail-uscpa-14

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

簿記3級と英検準2級くらいの前提知識があれば読みやすいと思いますが、以下に当てはまる方はどなたも大歓迎です(^^)

  • 就職前に英文会計を学んで同学年に差をつけたい「学生」の方
  • 社会人の教養として英文会計を身につけたい「専業主婦」の方
  • ビジネス英語の一部として英文会計を学びたい、国際ビジネスの場で周りと差をつけたい、英語×簿記で自分の市場価値を高めたい「社会人」の方

この記事では「英文会計入門」第14回として、「社債は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

前回の記事「第13回:有価証券は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-13
【有価証券】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第13回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

社債は英語でなんて言うの?

h2-question

 

社債とは、会社が投資家から直接お金を調達する際に発行する債券のことです

この記事では、借入金額、返済日、クーポン(利息)が定められている普通社債を取り扱います。

では、社債は英語で何て言うのでしょう?

正解は、Corporate bondsです。

corporateは「コーポレート」と読み、会社や企業を意味します。

bondは「ボンド」と読み、一般的には「拘束、結束、絆」を意味しますが、金融や会計の世界では「債券」を指します。

豆知識

元々bondは、「縛る」という意味のbindと同じ語源を持ち、「借りた側が貸した側にお金を支払うことを約束する(縛る)契約」というところから、bondが債券を意味するようになったようです。

第12回の記事『有価証券は英語でなんて言うの?』で説明したように、有価証券を「安全、保障」と同じ英語であるSecuritiesと言うのと似ていますね。

i-catch-uscpa-12
【売上・仕入・売掛金・買掛金】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第12回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

債権側の有価証券をSecurities、債務側の債券をBondsと呼ぶのをセットで覚えると役に立ちます。例文を見ていきましょう。

株式と異なり、社債の所有者は社債を発行した会社の所有者を意味しない。

Unlike equities, ownership of corporate bonds does not signify an ownership interest in the company that has issued the bond.

社債は発行会社が良い経営状態でいる限り、持ちこたえる傾向にある。

Corporate Bonds tend to hold up as long as the issuing company remains in good shape.

なお、簿記の仕訳科目「社債」はBonds payableと訳しますので、併せて覚えておくと便利です。

社債は会社の貸借対照表の負債側に表示される。

Bonds payable appear on the liability side of a company’s balance sheet.

社債の関連用語

h2-related-words

 

社債について会話するうえで知っておくべき関連用語をリスト化しました。

スピーキングでパッと出てこなくても、相手の話している専門用語が理解できる程度にはしておくといいでしょう。

  • 発行する…issue or sell a bond
  • 償還する…repay or pay back or buy back or redeem a bond
  • 額面総額…principal amount/face value/par value/maturity amount/stated value
  • クーポンレート…stated or face or nominal or contractual interest rate/coupon rate
  • 利払日…interest payment date
  • 償却原価法…amortization/amortizing
  • 満期日…maturity date
  • 買入償還…early redemption or retirement
  • 社債償還損…Loss on redemption of bonds

社債の会計処理は日本語でも理解することが難しい分野です。

社債の仕訳を簡単に復習したい方は、パブロフ簿記さんのコチラの記事をご覧ください。

では、例文を通して会計英語を覚えていきましょう。

額面総額は一般的に発行会社が借り入れている金額を表す。

Par value generally represents the amount of money borrowed by the bond issuer.

最後のクーポンは満期日に支払われる。

The last coupon payment is paid on the maturity date.

社債発行差金の償却に係る仕訳には、社債利息が使われる。

The journal entry for amortizing the bond discount will involve the Interest on bonds account.

ある会社が額面総額$100,000の社債を、年利率5%、償還期限10年、払込金額$100,0000の条件で発行した。

A company issues 10-year, 5 % bonds with a $100,000 face value, for $100,000.

ある会社が額面総額$1000,000の社債を、年利率9%、償還期限5年、払込金額は額面$100につき $96、利払日6月末及び12月末の条件で発行した。

A company issues $100,000, 9% 5-year bonds for a price of 96 with interest to be paid semi-annually on June 30 and December 31 for cash.

社債の買入償還で支払う金額が社債の帳簿価額を上回っているため、社債償還損を計上しなければならない。

As the cash paid to redeem the bonds exceeds the carrying amount, the company must record the Loss on redemption of bonds account.

まとめ:本日の復習

h2-review

 

  • 社債は英語で『Corporate bonds』、勘定科目は『Bonds payable』
  • 発行するは『issue or sell a bond』
  • 償還するは『repay or pay back or buy back or redeem a bond』
  • 額面総額は『principal amount/face value/par value/maturity amount/stated value』
  • クーポンレートは『stated or face or nominal or contractual interest rate/coupon rate』
  • 利払日は『interest payment date』
  • 償却原価法は『amortization/amortizing』
  • 満期日は『maturity date』
  • 買入償還は『early redemption or retirement』
  • 社債償還損は『Loss on redemption of bonds』

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、『この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?』という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

「英文会計入門」シリーズ第15回「資本金は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-15
【資本金・資本準備金・資本剰余金】は英語で何て言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第15回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5