英文会計入門

【資本金・資本準備金・資本剰余金】は英語で何て言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第15回〜

2021年2月7日

Thumbnail-uscpa-15

 

こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。

「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています

簿記3級と英検準2級くらいの前提知識があれば読みやすいと思いますが、以下に当てはまる方はどなたも大歓迎です(^^)

  • 就職前に英文会計を学んで同学年に差をつけたい「学生」の方
  • 社会人の教養として英文会計を身につけたい「専業主婦」の方
  • ビジネス英語の一部として英文会計を学びたい、国際ビジネスの場で周りと差をつけたい、英語×簿記で自分の市場価値を高めたい「社会人」の方

この記事では「英文会計入門」第15回として、「資本金は英語でなんて言うの?」という疑問にやさしくお答えします

前回の記事「第14回:社債は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-14
【社債】は英語でなんて言う?現役の米国公認会計士がやさしく解説!〜英文会計入門シリーズ第14回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 簿記3級 ...

資本金は英語でなんて言うの?

h2-question

 

資本金とは、簡単に説明すると「会社の運営資金として株主が出資したお金」のことです。

会社設立や新事業開始にあたっての元手のお金のことで、貸借対照表の純資産の部にある勘定科目ですね。

では、資本金は英語で何と言うのでしょうか?

正解は、Share capitalです。

Shareは「」という意味の名詞です。同じくStockも「株」という英単語ですが、Investopediaのコチラの記事によると、Shareは具体的に「ある一つの会社の所有権」を表すようです。

また、Capitalは「資本、資金」という意味の名詞で、「キャピタル」と読みます。

豆知識

資本主義のことを英語で「キャピタリズム(Capitalism)」と言いますが、そのキャピタル(Capital)と同じ単語です。

つまり、Share capitalで「会社の所有権を有する資本」と表現しているわけです

例文を見て覚えていきましょう。

会社が投資家に売った株式の総額は発行済資本(資本金)と呼ばれる。

The total value of the shares a company sells to investors is called its issued share capital.

その会社は£1000を資本金として記録した。

The company recorded £1,000 as share capital.

会社が普通株式を発行し現金が振り込まれた場合、貸借対照表の左側に現金、右側に資本金がきてバランスする。

When a company issues common shares and receives cash, the balance sheet is balanced with cash on the left and share capital on the right side.

資本金の関連用語

h2-related-words

 

ここからは実務で役に立つ資本金の関連用語を学習していきましょう。

会社設立、増資、新株の発行は英語で何て言うの?

会社員人生の中で、「会社設立にあたり新株を発行する」「事業拡大のため増資する」と会議の場で話すシチュエーションがくるかもしれません。

その会議で意見を出す相手は日本語のわからない外国人だとしましょう。そんなとき、あなたは英語で何と説明しますか?

そんなピンチを乗り越えるお役立ちフレーズをご紹介します。

会社設立は「start or found or set up or create a company」増資は「raise equity capital」新株の発行は「issue new shares」とそれぞれ英語で表現します。

実際の使い方は次の通りです。

来月設立する新会社のために新株を発行しよう。

Let’s issue new shares for a new company that we set up next month.

我々の会社を増資するには様々な方法がある。

There are different ways to raise equity capital for our company.

創立費は英語で何て言うの?

会社設立のために支払う費用のことを「創立費」と言います。

創立費には、登記関連費用や設立前の賃借料・給与、定款制作費用などが含まれます。

日本基準では、創立費は原則的に支出時に費用として処理しますが、任意で繰延資産に計上し、5年以内に渡って定額償却できます

では、創立費は英語で何と言うのでしょうか?

正解は、Organization expensesです。

「組織設立のための費用」ということですね。

日本語と英語の表現になんとなく乖離がある会計用語ですが、会社の新規設立に携わるビジネスパーソンは覚えておいて損はないと思います。

例文を確認してみましょう。

IFRS基準では通常創立費は資産化され償却される。ただし、一般的に米国GAAPや財務報告目的においては費用化される。

Under IFRS standards organization expenses are typically capitalized and amortized. However, they are generally expensed for US-GAAP and financial reporting purposes.

開業費は英語で何て言うの?

開業費とは、「会社設立『後』にかかった事務所設備や物品の購入などにかかった費用」のことです。

創立費と同じく、日本基準では開業費も原則的に支出時に費用として処理しますが、任意で繰延資産に計上し、5年以内に渡って定額償却できます。

では、開業費は英語で何と言うのでしょうか?

正解は、Business commencement expense/Start up costsです。

commencementはcommence(動詞:開始する)の名詞形です。

つまり、「事業を開始する費用」ということですね。

Start up costsも似ていて、「(事業の)スタートアップ費用」を表します。

上記のOrganization expenses(創立費)と混同しないように注意しましょう

資本準備金は英語で何て言うの?

「資本金」と似た勘定科目に「資本準備金」があります。資本準備金とは何でしょう?

資本準備金とは、「株主からの払込み額のうち資本金の1/2以下の金額を将来のリスク(支出や損失)に備えて積み立てるお金」です(日本基準)。

資本金と同じく、貸借対照表の純資産の部の勘定科目です。

「より詳しく知りたい」「過去に学んだが忘れてしまったので復習したい」という方は、MoneyForward会社設立さんのコチラの記事をご覧ください。

では、資本準備金は英語で何と言うのでしょうか?

正解は、Legal capital surplusです。

legalは「法的な」、capitalは「資本」、surplusは「剰余、余分」という意味です。

つまり、Legal capital surplusは「法的な資本金の余りの部分(=資本準備金)」ということですね。

資本剰余金は英語で何て言うの?

資本剰余金とは、「資本準備金+その他資本剰余金(資本取引から生じた剰余金)」のことです(日本基準)。その他資本剰余金には、自己株式処分差益などがあります。

配当原資になるという点で、その他資本剰余金は資本準備金と性質が異なります。

資本金と同じく、貸借対照表の純資産の部の勘定科目ですね。

では、資本剰余金は英語で何と言うのでしょうか?

正解は、Capital surplusです。

Capital「資本金」とsurplus「剰余」を合わせたそのままの表現ですね。

他にも、Share premiumAdditional paid-in capitalContributed Capitalという表現も使われます。

例文を見て使い方に慣れていきましょう。

資本剰余金とは、額面価格を超えて売却された普通株式の余剰部分のことをいう(US-GAAP)。

Capital surplus, or share premium refers to the surplus resulting after common stock is sold for more than its par value.

額面価格のない株式は資本剰余金ではなく、全ての払込金額を資本金として貸方に計上する(US-GAAP)。

Shares that have no par value generally do not have any capital surplus, and all funds from shares issued are credited to share capital.

まとめ:本日の復習

h2-review

 

  • 資本金は英語で『Share capital』
  • 会社設立は『start or found or set up or create a company』
  • 増資は『raise equity capital』
  • 新株の発行は『issue new shares』
  • 創立費は『Organization expenses』
  • 開業費は『Business commencement expense/Start up costs』
  • 資本準備金は『Legal capital surplus』
  • 資本剰余金は『Capital surplus』

 

いかがでしたか?

今回の内容が「英語力不足で全然わからなかった…。」という方は、こちらの記事で英語や会計系のオススメの資格を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

こちらもCHECK

career-up-i-catch
【海外駐在員おすすめ】就職や転職、キャリアアップに有利な資格ランキング|TOEIC・英検・簿記・USCPA

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士のわだけんです。 就活で有利な資格をコスパよく取りたい 今の職場は入社前のイメージとギャップがあって転職したい 専門性がないから何か資格を取って ...

続きを見る

 

また、USCPAの本音を語る記事が最近とても人気です。英語×会計の掛け算スキルに興味がある方はぜひご一読ください。

こちらもCHECK

i-catch-uscpa-abitus
【意味ない?】USCPA(米国公認会計士)はお金の無駄って本当?USCPA取得者が本音を語ります【体験談】

  会計英語アカデミー運営者のわだけんです。 米国公認会計士(USCPA)の専門性を活かして、会計英語の基礎を丁寧に分かりやすく解説しています。 この記事では、日系大企業で働きながらUSCP ...

続きを見る

 

仕事で使えるスピーキング力を鍛えたい方は無料体験ありのオンライン英会話を活用してパワーアップしましょう。

こちらもCHECK

i-catch-english-lesson-2
オンライン英会話を続けるとスピーキングは上達するの?|初心者の上達のコツとは?

  こんにちは。イギリス駐在中のわだけんです。   英語学習の中でもスピーキングが最も苦手だという日本人は多いと思います。 TOEIC高得点取得者であっても英検上級を持っていても、 ...

続きを見る

 

今後も国際ビジネスの場で役立つ英文会計の知識をブログでまとめていきます。

社会人の教養として知っておきたい内容から、「この会計用語をどうやって英語で表現したらいいの?」という実務のお悩みまで幅広く取り扱う予定です。

休日の自己研鑽に遊びに来てもらえると嬉しいです(^^)

「英文会計入門」シリーズ第16回「約束手形は英語でなんて言う?」はコチラから。

i-catch-uscpa-16
【約束手形・受取手形・支払手形・不渡手形】は英語で何て言う?米国公認会計士が解説!〜英文会計入門シリーズ第16回〜

  こんにちは。イギリス駐在中の米国公認会計士わだけんです。 「英文会計入門」シリーズでは、英語で簿記や会計を理解したい方向けに、簡潔に分かりやすく英文会計の基本を解説しています。 この記事 ...

米国公認会計士わだけん

-英文会計入門
-

© 2021 会計英語アカデミー Powered by AFFINGER5